aa3.jpg

 

 



 

区分
幼児・小学生
中・高校生
大学・一般
入会金(1回のみ)
¥5,000
¥5,000
¥5,000
保険料(1年分)
¥3,000
¥3,000
¥3,000
月会費
¥5,000
¥5,000
¥5,500


* ご家族2名以上で入会される場合、入会金は1人分のみです。
* 保険(スポーツ安全保険)は掛け捨てです。(一年分)
* 道着はメーカによって異なります。(詳しいのは指導員まで)
* 原則として週1回(月4回)、個人練習は自由
* 幼児は4歳以上

 

練習日程
毎週 金曜日 午後7時より(プンセ(型)、基本蹴りを中心に行う)
毎週 土曜日 午後4時より(蹴り、キョルギを中心に行う)

 

コンドーは韓国の伝統ある格闘技で、2000年の歴史を持つといわれています。現在では157カ国、5000万人以上の人々が競技をする国際的なスポーツとなっています。
テコンドーは手と足を使って行われますが、特に足技が多彩です。「蹴り」を中心としての武道・スポーツで、年齢、性別を問わず世界各国で多くの人から親しまれています。ボクシング、レスリング、柔道等の種目と同様、一対一で戦う格闘技です。試合は、武器を使わず徒手空拳で攻撃と防御にて行われます。 1988年ソウルオリンピック、1992年バルセロナオリンピックにおいて公開競技とされ、2000年シドニーオリンピック より正式種目となりました。 テコンドー文字をそのまま表現したら「跆」は足で蹴る、跳ぶ、踏むという意味を 持ち、「拳」はこぶしという意味で手の側面とこぶしで相手に打撃を与えることです。道は精神修養を意味し人間としてのみち、武道としての道をいいます。
選手はヘッドギア、ボディープロテクターなどを装着して試合をします。蹴りは腰から上、パンチはボディーのみで、背中への攻撃は禁止というルールがあります。勝敗は得点と減点の集計による場合と、ボクシングのようにKO負けとなる場合があります

テコンドー精神

次の五つが掲げられます。「礼儀」、「廉恥」、「忍耐」、「克己」、「百折不屈」これらのどれ一つも欠かすことはできず、またこの順序にも意味があります。テコンドーは、礼で始まり、礼で終わる。「礼儀」が最初に来るのは、それが人間として備えなければならない基本だからです。

c-6.gif

チャリョ(気をつけ)

通常の「気をつけ」とは違い、足先を閉じて立つ。そうすることにより、意識が体の中心線に集中し、精神統一を助ける。それと最初から足先を平行に置いておくことによって準備姿勢の時、自然に両足の先が平行になってくる

文字の通り、これからあらゆる闘いに突入する準備段階。足幅を一足分とり、拳を握り、どんな動きにも移行できるように体の前に軽く構える。バランスをよくとるために両足の先は平行にする。

足幅を自分の肩に比べて約1.6倍分とり膝を軽く曲げる。脚の内側と腰に力を入れ、上半身のどんな動きにも揺るがないように、下半身をしっかり安定させる。

前足を一歩半前に踏み出してひざを曲げ、後ろ足は真直ぐ伸ばす。前足と後ろあしの中心比率は7:3だ。視線は正面を見るが、体の方向は15%以内で横をみても良い。時、自然に両足の先が平行になってくる

足の前後幅は前曲げたちの一歩半よりやや小さ目、肩の幅の約1,2倍にする。中心の割合は7:3の割合で後ろに乗せる。上半身をやや斜めに構え、前足での攻撃、あるいは前方への体重移動など次の動きに素早く移れるような状態を保つ。

 

 

CLOSE